モンパルナス周辺の公園

パリ14区周辺に位置し、ホテル エグロンからも至近。モンパルナス周辺の公園はこの界隈の寛ぎの場です。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 20 82 42 Coût des appels locaux
jardin atlantique

リュクサンブール公園、アトランティック公園とモンスーリ公園の間のモンパルナス地区には散歩をするのに快適な緑地が溢れています。

 

モンパルナスの中心にある3つの緑の宝庫

 

街の喧騒から離れたパリの公園や庭園が皆様をゆっくりとした散歩にご招待します。思いがけない秘密の場所、アトランティック公園はモンパルナス駅のホームの上階に位置しています。このフランス様式の公園は芝生の波とブルーの遊具で大洋をイメージしています。外部からは見えない空中にあるようなこの公園は1994年に作られました。また、ザッキン美術館や当ホテルからも近く、パリ市民からは「Luco(リュコ)」という愛称で親しまれるリュクサンブール公園はフランスの首都パリで最も有名な公園のひとつです。1612年にマリー・ド・メディシスによって作られたこの公園は23ヘクタールの敷地にフランス様式とイギリス様式の庭園を融合させた作りになっています。メディシスの泉や、彫像、芝生、遊歩道もあります。14区の境にあるモンスーリ公園はちょっと変わった公園です。豊富な緑と谷のあるこの公園は1860年に技術者アルファンによって作られました

 

牧歌的な散歩へのご招待

 

高いタワーとオスマン様式の建物で溢れた、モンパスナス地区はパリ市民や観光客をピクニックをしたり芝生の上でゆっくりするひとときを提供してくれる多くの公園や、庭園を所有しているのが自慢です。この地区はモンパルナス墓地を取り巻く20ヶ所に及ぶ緑地を有しています。フランス様式、イギリス様式の庭園から現代庭園に至るまで、自然のすがすがしい空気は首都の熱狂を生きる中で穏やかさを私達に提供してくれています。寛ぎのひとときを過ごすパリ市民の憩いの場です。

 

20世紀の芸術家や作家が集まる地区であったモンパルナス地区にはイヴ・クライン小公園、ジョルジュ・ブラッサンス公園、アルベルト・ジャコメッティ小公園(ジャコメッティは当ホテルに何度も滞在したアーティストです)、ガストン・バティ小公園など歴史上の芸術家や近代芸術家の名を付けた公園が数多くあります。

 

スタッフのイチオシ

ロポルチュン
« リヨンの名物料理と最高のコート・デュ・ローヌとボジョレーのワインをぜひお試しください »
62 Bd Edgar Quinet – 75014 Paris
Tel : 01 43 20 26 89
ウェブサイトを御覧ください
コベア
« お好みで4、6、8種類の料理を提案するこのレストランのガストロノミーな世界観の中で思いがけない味を楽しんでください。»
11 Rue Raymond Losserand - 75014 Paris
Tél: 01 43 20 21 39
ウェブサイトを御覧ください