ブルーデル美術館

ホテル エグロンからも近いブルーデル美術館はパリの中心、モンパルナス駅の横にあるアントワーヌ・ブルーデル通りにあります。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 20 82 42 Coût des appels locaux
musée bourdelle

彫刻家アントワーヌ・ブルーデルが生きたアパートとアトリエ、庭園内に設置されたブルーデル美術館は1949年に開館し、彫刻家本人の作品を所有しています。

 

アトリエ-美術館の誕生

 

アントワーヌ・ブルーデルは1885年に現在は彼の名を称する通り、当時のメーン袋小路16番地に居を構えましたその時代、芸術家達のアトリエはパリのあちこちに多数あり、ブルーデルにとってこの生活兼制作の場は一種の研究所かつ隠れ家でした。1893年から1908年までは共に美術学校を創立したロダンのアトリエに合流し、1909年からはアルベルト・ジャコメッティ、アンリ・マティス、ジェルメーヌ・リシェなどの生徒達の為に美術学校アカデミー・ドゥ・ラ・グランド・ショミエールで教鞭をとりました。

 

1920年代にはブルーデルはロダンや ザッキンのように作品を遺贈することを決め、彼の名を取った美術館の創立を望みました。それゆえに美術館の陳列品の目録を考え、いくつものプロジェクトを描きました。しかしながらブルーデルはその夢を実現する前、1929年に死去してしまいます。1930年に彼の住まいがあった敷地が売りに出され、彼の夢は危険にさらされてしまいます。そして結局、妻のクレオパトラ・ブルーデルと娘のロディアの粘り強さ芸術庇護者ガブリエル・コンガックの寄付によりブルーデル美術館は1949年7月4日に日の目を見ることになります。1961年と1992年には建築家アンリ・ゴートリッシュの設計による2度にわたる敷地の拡張が行われました。

 

美術館のコレクション

 

ホテル エグロンからも近いブルーデル美術館は庭に囲まれた独自空間の中でアントワーヌ・ブルーデルの作品とその行程をご案内いたします。現代的で本物。このアトリエ-美術館は彫刻家のアイデンティティーと魂を今も保ち続けてます。ブルーデルのアパートの私生活から彫刻、絵画アトリエに至るまで、豪華な大ホールや彫刻が並ぶ庭を通り過ぎながら見学者はブロンズ、大理石、グレなどでできた彫刻やデッサン、本人が撮影した写真など発見することができます。

 

種類が豊富なコレクションには骨とう品、鋳造、絵画や版画などのアーティスト個人の資産も含まれています。このコレクションには15000点の写真、3000点の彫刻、4000点のデッサンと水彩画が所蔵されています。

スタッフのイチオシ

ロポルチュン
« リヨンの名物料理と最高のコート・デュ・ローヌとボジョレーのワインをぜひお試しください »
62 Bd Edgar Quinet – 75014 Paris
Tel : 01 43 20 26 89
ウェブサイトを御覧ください
ジャン=ポール・エヴァン
« 繊細なガナッシュとマロングラッセが評判のチョコレート店。パリ散策をする前に全ての味を味見したくなるに違いありません! »
3, rue Vavin – 75014 Paris
Tél: 01 43 54 09 85
ウェブサイトを御覧ください