パリ天文台

この天文台はホテル エグロンにも程近いパリ14区内、ダンフェール=ロシュロー広場のすぐ横にあります。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 20 82 42 Coût des appels locaux
l'observatoire

1667年に創立されたパリ天文台は天文学においては国家で一番重要な機関で現在も機能している世界で一番古い天文台です。

 

宇宙の旅への扉

 

信用度の高い航海地図を手に入れたルイ14世の希望により生まれたパリ天文台は1667年より西洋の天文学の中で最も重要な役を演じていました。建物の四面は正確に基本方位に準じています。太陽王ルイ14世の時代からフランスの歴史の重要な出来事の証人であったパリ天文台は何度もその役目を変えました。今日、天文台は5つの研究所と学院を含むフランスで最も大きな天文学研究の国立機関で、研究を続け宇宙の詳細を探索するフランス人天文学者の30 % を機関に有しています。一般客の入場も可能で、4次元空間での旅を可能にし、何世紀にも渡る科学の歴史を生き生きと叙述しています

 

見学者は既存の知識をより深めつつも新しい発見を得ることができます。ホテル エグロンからも徒歩10分ところのあるパリ天文台はアラゴのドームのおかげですぐに見つけることができます。1846年から1954年の間に建設され、ブルナーによって作られたドイツ式赤道儀架台望遠鏡を所有し、パリの他に遮るもののない眺望を提供しています。

 

パリ天文台の任務

 

パリ天文台は主に3つの任務を遂行しています :

  • 研究 : パリ天文台によって管理されている研究は天文学と近代天文物理学、特に太陽の研究、太陽と地球、惑星、太陽系惑星群、時空計測学との関係の研究です。また宇宙観測の大プロジェクトに対する知識を提供しています。
  • 教育 : 研修教育部によって組織され、天文学、天文物理学の博士・修士課程の教育を提案しています(フランスで唯一の教育内容も含む)。
  • 知識の普及 : 学識の普及を目的としてパリ天文台は天文学の重要な事象の際の一般開放、展覧会、教育ガイド、巡回展覧会、教育用教材などを企画しています。パリ天文台は重要機関として高等教育・研究省に属しています。

スタッフのイチオシ

ラ・クロズリー・デ・リラ
«1940年代以来、パリの芸術と政治の出会いの場。ピアノバーの jazzyの雰囲気の中、人々がひしめきあっています。»
171, boulevard Montparnasse – 75006 Paris
Tel : 01 40 51 34 50 - Metro : Vavin
ウェブサイトを御覧ください
オーギュスタン・ビストロ
«シックでコンテンポラリーな雰囲気の中、ビストロ料理を提案します。コースは39€より。»
79 rue Daguerre - 75014 Paris
Tél: 01 43 21 92 29
ウェブサイトを御覧ください