レ・グランド・ブラッスリー

モンパルナス墓地、ダンフェール=ロシュロー広場とホテルエグロンの間に位置したモンパルナス界隈は1920年代の華々しさを今でも残しています。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 20 82 42 Coût des appels locaux
la closerie des lilas

19世紀の庶民街、モンパルナス地区は創造的な雰囲気と伝説のレストランのお祭り的な雰囲気を作り上げるのに一役買っていた多数の国際的な芸術家達の目標地でした。

 

19世紀のお祭り騒ぎのような地区

 

かつてはギリシャ神話や今日は存在しない小高い丘から学生達に「モン・パルナス=パルソナス山」と呼ばれていた19世紀のこの庶民街はすぐに熱狂的なアーティストの生活の場となりました。

当時家賃が安かったモンパルナス地区には多くの国際的なアーティストを引き寄せ、パブロ・ピカソ、ヘミングウェイ、ジェームス・ジョイス、ジョアン・ミロ、ギョーム・アポリネ―ルなどがここに居を構えました。

 

20世紀中期には公式にオッシプ・ザッキンアントワーヌ・ブルーデルなどをはじめとするアーティスト達の生活と制作の場になりました。ここ数十年でこの地区はブルジョワ化しましたが、それでも一つの村のようなお祭り的な雰囲気は小道やカフェのおかげで今もなお残っています。

 世紀にわたる有名なレストランやブラッスリーは訪問客に過去にタイムスリップさせ、当時のアーティストが通った場所の足跡をたどるのを可能にしてくれています。

 

カリスマ的存在のブラッスリーの数々

モンパルナス界隈の中心に位置した当ホテルが今や伝説と化した数あるブラッスリーをご案内いたします。 アールデコの殿堂、ラ・クーポールは1927年には27名ものアーティスト達によって描かれました。この豪華なレストランの常連にはマン・レイ、ジョセフィン・ベーカー、ピカソやマルク・シャガール、エディット・ピアフなどの名を挙げることができます。ピアノ・バーの寛いだ雰囲気で19世紀の知識人に愛された場所、ラ・クロズリー・デ・リラはサミュエル・ベケットやオスカー・ワイルド、アンドレ・モディリアーニが通った店として有名です。そして、ル・ドームはアールデコ様式の板張りやステンドグラスでパリのカリスマ的な聖地となりました。このレストランにはマックス・エルンスト、ポール・ゴーギャン、アーネスト・ヘミングウェイやレーニンも含む「Dômiers」とあだ名を付けられた政治家や著名な作家が次々に訪れました。美味しい食事の間には彼らが残していった現実離れした痕跡に視線を投じることができます。

スタッフのイチオシ

ラ・クロズリー・デ・リラ
«1940年代以来、パリの芸術と政治の出会いの場。ピアノバーの jazzyの雰囲気の中、人々がひしめきあっています。»
171 Boulevard du Montparnasse - 75006 Paris
Tél: 01 40 51 34 50
ウェブサイトを御覧ください
ロポルチュン
« リヨンの名物料理と最高のコート・デュ・ローヌとボジョレーのワインをぜひお試しください »
62 Bd Edgar Quinet – 75014 Paris
Tel : 01 43 20 26 89