カルティエ財団現代美術館

モンパルナス墓地、パリ天文台とホテル エグロンの間に位置したジャック・カルティエ財団現代美術館はダンフェール・ロシュロー広場からも至近のパリ14区にあります。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 43 20 82 42 Coût des appels locaux
la fondation cartier

1984年に創設され、1994年よりパリに施設を構えたカルティエ財団現代美術館は近代美術の発展とその知識の普及を目的に多数の展覧会を提案しています。

 

 フランスの芸術庇護の手本

 

ホテル エグロンと同じ通りに位置したカルチェ財団は当時のカルチェ・インターナショナルの会長であったアラン・ドミニク・ぺランによって1984年に創設されました。今日はエルヴェ・シャンデが運営を指揮しています。建築家ジャン・ヌーベルによって設計されたこの美術館は他にはない自然光は入る明るい展覧会場の環境を提供しています。カルチェ財団はア―ティストの為の創造空間かつ大衆と芸術の交流の場であることを望んでいます。分野、国籍関係なくテーマ別のアーティストの展覧会を企画しながらフランスおよび国際的なアーティストを表舞台に立たせています。

 

多様性のある意向の中、デザイン、モード、フォトグラフィー、舞台芸術、絵画やビデオ芸術の分野の近代作品を提案しながら芸術に対する財団の使命を証明しています。カルティエはフランスの芸術庇護の先駆者として高く評価されています。

 

近代美術の成功へのステップ

 

1 200 m2のガラス張りの空間はあらゆる形態のアートへその門を開く財団の意思をを示しています。財団の芸術分野への投資は同時に作品、シリーズ作品あるいは展覧会としてアーティストへ注文する形式によっても評価されています。アーティストの成功へのステップとしての役割では、財団は初公開し、世界的名声を得た無名のアーティストの展覧会開催に力を貸しています。

 

作品制作と展覧会やコンセプトをその実現まで支えながら、財団はアーティストに大規模な作品制作と夢の実現を可能にしています。1984年以来、この発注形式のやり方はマーク・クチュリエ、ジャン=ミッシェル・オトニエル、デヴィッド・リンチ、宮島達男、サラ・スズ、ウイリアム・エッグルストン、横尾忠則などのアーティストのカルティエ財団現代美術館での制作または展示を可能にしました。

スタッフのイチオシ

オーギュスタン・ビストロ
«シックでコンテンポラリーな雰囲気の中、ビストロ料理を提案します。コースは39€より。»
79 rue Daguerre - 75014 Paris
Tél: 01 43 21 92 29
ウェブサイトを御覧ください
キガワ
«季節や素材を大切にしながらフランスの伝統料理を提案する洗練された雰囲気のレストラン。 »
186 Rue du Château - 75014 Paris
Tél: 01 43 35 31 61
ウェブサイトを御覧ください